知らずにやるか、知ってからやるかはあなた次第です

今日はトレーニングの基礎となる原理について勉強していきましょう!

トレーニングの基礎原理は次の5つです!

1.オーバーロード(過負荷性)

これは日常生活よりも強い負荷を身体に与える事により強く成長していくとゆう事です。

2.特異性

生理学的にトレーニングした部位が異なっていく性質。

これはトレーニングした部位が成長していくので、胸のトレーニングをして足が成長する事はないですよとゆうことです。

これは筋肉だけでなく動作やスピード、神経なども同じです。

例えばバットを早く触れるようにしたいだけならばマスコットバットなど重いもので練習するよりも、軽いバットで素振りして神経を鍛える方が成長効果が見込めます。

3.可逆性

トレーニングをして効果が出ても、トレーニングを止めると元の状態に戻ってしまう。

つまりトレーニング貯金はできないですよとゆうことですね^ ^

4.適時性

トレーニング効果は、各年代を通していつでも同じように得られるものではないです。

発育発達期は年齢に応じて体力要素ごとに異なる発達経緯があります。

例えば小学生は神経系、中学生は有酸素系、高校生は筋力系が発達しやすくなっています。

つまり発達しやすい時期にそれに合わせたトレーニングをしてあげる事でより高い能力が身につきます^ ^

5.超回復理論

超回復とは、トレーニング後48時間~72時間の休息をとることで筋力水準がトレーニング前よりも上昇する現象です。

しっかりと筋肉をいじめた後はしっかり怠けさせてあげましょう^ ^

以上がトレーニングの原理になります!

次回はこの原理を成り立たせる為の原則についてお話します^ ^

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました^ ^

 

知識豊富なトレーナーがパーソナルトレーニングと共に食事のアドバイスもしてくれる堀江パーソナルジムVictoriaで効率の良いトレーニングを初めてみませんか?

大人の遊び場(Athletic for adults)Victoria Body Workout

大阪市西区北堀江1丁目14−11 リンクハウス北堀江ビル5F

営業時間 10:00 〜 20:00

定休日 木曜日

 

 

トークからご予約のお問い合わせ可能です

 

公式Instagram

 

リクルートIDがあれば簡単にご予約取れます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *